もふもふ日記

猫とフェルト手芸の日常

O次郎 ベランダさんぽ

朝晩はまだ寒いですが昼間は暖かい今日この頃。
O次郎はベランダでまったりとひなたぼっこ。


花が咲き終わった猫草はどんどん枯れています。やはりマンションの七階だと受粉に必要な虫が登ってこれないので、ほとんどの穂は実が入っていませんね。

 

気温が上がってO次郎がベランダに出る時間が多くなっています。


向かいの森の木の枝がざわざわと動いているのは小鳥が行き交っているためでしょうね。それをじっと見ているO次郎です。

 

今日も夜のおさんぽを継続中ですよ。

ひととおりベランダを廻ったら、枯れ始めた猫草の方に向かいます。

 

 

枯草をがじがじとかじっています。

まだまだもこもこの換毛期でちょっとづつ毛玉を吐いています。大きいのをスポこんと吐ければすっきりしていいのですが。

 

 

O次郎を感知して灯りが点きます。
センサーライトがいい仕事をしていますね。

 

 

ライトの灯りをじっと見ながら落ち着いちゃいましたね。
ひとやすみひとやすみ。


でも耳は外の音を拾ってぴくぴく。

 

パンパスグラスが暖かくなってようやく伸び始めてきました。
こちらの穂が出るのはたぶん来年あたりでしょうね。


おや。もうお戻りですか。
それでわヨーグルトに腸活日和を振りかけてあげましょう。