もふもふ日記

猫とフェルト手芸の日常

フェルト 猫ポーチかざり

f:id:kazuhiro0214:20200316225325p:plain

猫の顔をしたポーチ。
これ、100均とかで見かけるたびに買ってしまうんですよね。何かに使うだろうと。


もちろん、ひとつふたつは使っているんですが。たいていは使わないまま机の引き出しとかに置いたままになっています。そこで今回は、この猫ポーチにフェルトで飾りを付けて、ちょっとでも見栄えをよくしてやろうという試みであります。

 

f:id:kazuhiro0214:20200316225407p:plain

いつも通り、ほぐした猫毛をベースに固めて。わたわたで形を整えます。


今回は丸い球から少し伸ばして、猫のおててを作ります。最後に色の付いた猫毛や羊毛で色付けをします。にくきゅうはきれいなピンク色にしましょうかね。

 

f:id:kazuhiro0214:20200316225439p:plain

白猫ポーチと黒猫ポーチの出来上がりです。


にくきゅう飾りをストラップでファスナーに取り付けました。これ、意外とファスナーの開け閉めがやりやすくなりましたよ。

 

f:id:kazuhiro0214:20200316225511p:plain

お次はちょっと色鮮やかな和風猫ポーチ。ちりめんの模様がいい感じですね。


おててのベースは赤色で、にくきゅうは同じくピンクにしました。反対側はポーチ本体と同じようにオレンジ色に分けて、ちょっとした模様をつけてみましょうか

 

f:id:kazuhiro0214:20200316225550p:plain

こちらがおもて側です。鈴も付けてみましょうね。


ちりめんで作られた猫のぬいぐるみもけっこうたくさん出回っています。うちにもひとつありますが。まねきねこ風やら、さるぼぼ風のねこぼぼやら。ものすごくうまい作家さんもおられますので機会があれば「ちりめん猫人形」などで探してみてください。

 

f:id:kazuhiro0214:20200316225623p:plain

でわ。おなじみの猫のせをやってみました。
なんでしたっけ。はてな猫部ではやっているらしいのですかそうですか。


最近のO次郎は何をのせても知らんぷりですね。ビニール袋をがじがじと噛むのに夢中のようです。がじがじしがむたびに鈴がちりりんちりりん。風情も減ったくれもないですが、まあいいでしょう。
※O次郎がでっかく見えてしまうのは目の錯覚です。たぶん。

 

フェルト細工による猫ポーチかざりでした。

 

 

おまけ。

f:id:kazuhiro0214:20200316225747p:plain

ちよこさんがマスクを量産し始めました。

今回は少し大きめにしてもらいました。ねこの絵もようと、きんととのもよう。

 

フェルト ねこ玉④ あたまマスコット

前回では針を使って柔らかいわたわた羊毛を巻いたねこ玉のベースを作りました。

後は、これに色の付いた猫毛や羊毛を貼りつけてゆき、いろいろな遊び玉やアクセサリをこしらえてゆきます。単に模様を付けるだけでも猫が遊ぶ時の食いつきが違いますよ。

f:id:kazuhiro0214:20200218080629p:plain

羊毛を貼りつけると言っても基本は猫玉のベースを作る時と同じで、薄く毛をのばしたものを針を使ってちくちくと貼りつける感じです。

だいたい2巻きくらいを目安に貼るわけですが、貼りつける毛の向きがまばらの方が仕上がりがきれいになります。売っている羊毛などはストレート毛を束にしたものが多いので、そのまま使うと同じ方向のスジが目立ってしまいます。写真のビンから出ているクリーム色の羊毛は、肌色の羊毛と白色の羊毛をあらかじめいろいろな向きにミックスしてある製品ですね。

 

f:id:kazuhiro0214:20200218080833p:plain

肌色を均一に貼りつけたら、今度は耳のパーツを作ります。


まず。同じ色の羊毛を使って平行四辺形の薄い板を作ります。

 

f:id:kazuhiro0214:20200218081129p:plain

これを半分に切り分けて三角の両耳を2つ作り、それを頭にくっつけるのです。

くっつける前に三角形の二辺を面取りをするように差してゆきまっすぐに仕上げておきます。残る底辺は頭との接続面ですから、毛がほつれたままで大丈夫です。


今回はクマーも作りますのでクマーの耳は半円になるように仕上げます。
同様に、口の部分の盛り上がりを作るために白色で薄い丸いのを作っておきます。

f:id:kazuhiro0214:20200218081207p:plain

なんかそれらしくなってきた、にゃんことクマー。

こげ茶色の羊毛を細くして針で線になるように差してゆきます。鼻と口や目はだいたいそれでできますよ。

にゃんこの方はおてても作ろうかとかいろいろ試行錯誤中。

 

f:id:kazuhiro0214:20200218081236p:plain

クマーの方は簡単なのでもう完成ですよ。


にゃんこの方はもう少しクチの形を整えてから縞模様でも付けてゆきますかね。

 

f:id:kazuhiro0214:20200218081313p:plain

ていてい。


あああああー
ろうぜきものーっ。

 

f:id:kazuhiro0214:20200218081333p:plain

とゆうわけで。去年はいろいろ作りました。
今年は何を作りましょうかね。まあ、針のむくまま。毛の向くまま。


というわけで、フェルト手芸のご紹介でした。それではまた。

 

フェルト ねこ玉③ フェルト針

f:id:kazuhiro0214:20200215010143p:plain

今週はお天気が良かったので毛玉がうまく乾いてくれました。


この後、ブラシでほぐし直してから保管しておくのですが。ほぐしたものを少し使ってフェルト針で毛玉を作ってみましょうか。

 

f:id:kazuhiro0214:20200215010216p:plain

フェルト針を使ってほぐした猫毛をまとめて芯を作ってゆきます。

これも手ごねと同じ要領で、最初は小さく固めてからすこしづつ層を重ねてゆきます。フェルト針でまんべんなく刺してゆけば、まあだいたい丸くなりますのでそんなに難しいものではありません。注意するのは、玉の大きさが小さいうちは針で指を刺してしまいやすいので気を付けることぐらいですかね。針の動く上下位置を変えずに玉の方だけをころころと動かすようにすれば、そうそう指を刺してしまうことはなくなります。


今回は、芯の周りを柔らかい素材で覆います。そのため芯の部分の猫毛は固く仕上げます。

f:id:kazuhiro0214:20200215010300p:plain

芯を柔らかい生地で覆い、触った時の感触を柔らかくします。

この生地にはハマナカのニードルわたわた(羊毛)を使います。このわたわたは羊毛フェルト作家さんが作品のベースとして使っている定番のもので。これをぎゅっと固く差すことでベースとしているのですが。ベースとしては猫毛の方が固く重い手ごたえを得られるので、うちでは逆にわたわたを表面のふにふに感触を得るために使っています。

また、あとで全体の色付けや模様などで染色した羊毛を重ねる場合にも、白いわたわたの方が色をのせやすいと言うこともあります。

 

f:id:kazuhiro0214:20200215010341p:plain

巻きつけたわたわたの層が固くならないように丸くしてゆきます。

丸くと言っても難しいことはありません。ころころ回しながら表面の出っ張った部分を刺してゆくだけです。慣れてくるとテレビを見ながらでも指の感触だけでを刺していても、いい感じに丸くすることができます。どうでもいいような会議に出席した時には、机の下で見えないようにコロコロと成形して暇をつぶすこともできます。


できあがった猫玉のベースは、もちろん猫の遊び道具としても大好評ですが。さまざまなフェルトアクセサリのベースにもなります。

f:id:kazuhiro0214:20200215010409p:plain

最初のうちはこうした季節のくだものや、たまご、ちゅんちゅんマスコットなどを作っていました。


今でこそいろいろな形のものを作ったりしますが、基本はこのまん丸のベースから始まっています。

f:id:kazuhiro0214:20200215010446p:plain

動物のあたまやおててもたくさん作りましたよ。

ストラップひもを取り付けてカバンなどのアクセサリにもできますが。元が毛玉なのでストラップを取り付ける金具が抜けないようにすることが今後の課題でしょうか。


さて次回の猫玉は、最終回「あたまマスコット」です。

 

フェルト ねこ玉の乾燥と手ごね

ねこ玉② 洗浄乾燥

f:id:kazuhiro0214:20200211075624p:plain

3か月分の集めたねこ毛を洗濯ネットに入れてもみ洗いします。


猫の毛は温水や洗剤を多く使うって洗うとすぐにフェルト化して固くなってしまいます。そうなると後でほぐすのが大変ですので、冷たい水で洗剤はちょっとだけかけてもみ洗いをします。これは汚れと脂分を落とす程度で構いません。後の防虫殺菌などはおひさまにお任せします。

 

f:id:kazuhiro0214:20200211075717p:plain

数日干しておき、おひさまにがんばってもらって乾燥させます。

 

この後の、乾燥した猫毛をほぐす手順は昔の記事にあるのでどうぞ。

kazuhiro0214.hatenablog.com


では数日ほど乾燥させている間に。
フェルト針などの道具を使わずに簡単にねこ玉を作る方法をご紹介しましょう。

 

ねこ玉③ 手ごね

鳥だんごや肉団子をこねたことのある方はもちろん、子供の頃に泥団子や粘土をこねた方はピンと来るでしょう。そうです手のひらでこねこねするだけです。ただし、柔らかいものが相手なので多少コツがいります。猫毛を手でこねるコツは、最初は力を抜いて最後はぎゅうぎゅう、何層にも重ねる、これだけなのです。

 

f:id:kazuhiro0214:20200211080216p:plain


最初に猫毛をちぎってふわふわの直径5センチくらいの大きな塊を作ります。これを両手のひらの間に挟んでこねるのですが、最初は触るか触らないかぐらいに間隔を空けてまんべんなく転がして、すこしづつ、ほんの少しづつ手のひらの間隔を縮めてゆきます。ゆっくりゆっくり。大きさが半分くらいになったあたりで徐々に固くこねてゆきます。ここらへんからは素早くこねても大丈夫です。

写真の左が始まりで右が終わりです。随分小さくなりました。

 

f:id:kazuhiro0214:20200211080430p:plain

ちっちゃく固い玉ができましたら、薄く広げた猫毛をひとまきづつくるんで重ねてはこねてゆきます。

重ねる時も最初は柔らかく、最後は固くが基本です。こうして何層にも何層にも重ねて大きくしてゆきます。けっこう時間がかかってしまいますががんばって重ねます。まあ、テレビなぞを見ながらこねこねするのがよいですね。

芯を固く重ねると、床を転がしても遠くまでまっすぐ転がりますし、猫が咥えても型崩れがしません。最後の方の層をやや柔らかく仕上げると、かみごたえもいい感じになります。

 

f:id:kazuhiro0214:20200211080650p:plain

さっきからO次郎が興味津々でこっちを見ていますよ。


人が何かをこねている時は、その後にねこ玉で遊んでくれるとわかっているようですね。手の動きに合わせてO次郎の頭が一緒に上下に動いていますよ。こねる手の動きが素早くなると、そろそろ完成だとわかるのでしょうか、近くまで寄ってきて手をねこまねきします。もうちょっと待ってくださいね。

 

f:id:kazuhiro0214:20200211080822p:plain

とりあえず今日は2センチぐらいのねこ玉をあげましょうか。


いつもだとフェルト針を使うのでもっと早く固くできますから3センチぐらいまで大きくするのですが。今日は手ごねなのでこんな感じで。玉の大きさはいろいろ変えてみて一番食いつきの良い大きさを探してみましょう。もちろん誤飲癖のある子には、食べてしまわないように大きめの玉を作ってください。

作り慣れると鈴を入れたりしていろいろ遊べます。

 

f:id:kazuhiro0214:20200211080940p:plain

O次郎もご満足のようですよ。廊下の端から端まで駆け廻っております。
手で弾いてもヨシっ。くわえて放り投げてもヨシっ。


この後、どこかに持って行っちゃいました。O次郎コレクション?。
きっと大掃除の時に家具の裏から大量のねこ玉が出てくることでしょうね。

 

O次郎 おとしだま

f:id:kazuhiro0214:20200103075515p:plain

今日はO次郎に、お年玉ならぬ毛玉の首輪を用意いたしましたよ。

怪しそうにくんくんと匂いを嗅いでおりますが。珠の内部はO次郎の抜け毛でできておりますので扱いに困っているようです。


はいはい、これはおもちゃじゃありませんよ。首輪です。

 

f:id:kazuhiro0214:20200103075537p:plain

首輪を装着するO次郎。あらかわいい。

なにやら洋猫ではなく和猫みたいな感じになりますね。首輪も数珠っぽいし。
それもそのはず。この首輪はえとちゃんのを真似っこしたものなのです。

 

green3lk.hatenablog.com

オダムドウに少し笑った。

 

f:id:kazuhiro0214:20200103075633p:plain

数珠をつけて猫ビームをワンセット。
いつものキレがありません。ちょっと首輪を気にしている感じですかね。


さかんに首をふるふると揺らします。エリザベスカラーみたいな感じがするのでしょうか。

 

f:id:kazuhiro0214:20200103075654p:plain

にゃんこ鍋に落ち着くO次郎。
顔が丸く見えて日本ネコの香りがけっこうしますね。かわいいかわいい。

 

珠の色はお正月の写真のデザインに合わせて決めたのですが、残念ながら間に合いませんでした。もったいないので来年に使おうと思っています。覚えていたらですが。

 

f:id:kazuhiro0214:20200103075947p:plain

赤珠と黒珠はゴムひもで通されて長さを調節されています。
まあ、いつものパンツのゴムですが。


100円均一で買ってきた黒いパンツのゴム。じゃらして遊んでもよしっ、物を束ねるもよしっ、もちろんパンツに通してもよしっ。万能でありますね。

 

f:id:kazuhiro0214:20200103080004p:plain

せっかくの似合っている首輪ですが、残念ながら首輪を永く付けていると毛玉がたくさんできてしまうので解除しました。


とりあえずはバステトさんの新しいお飾りにしておきましょう。

 

フェルト 小次郎とせんぱい

f:id:kazuhiro0214:20191102113821p:plain

おひさしぶりの小次郎です。

今日はフェルトマスコット、O次郎せんぱいのごしょうかいですよ。

せんぱいはやっぱり大きいですね。
いつも間違えられますが、せんぱいは犬ではありません。わんわん。

 

f:id:kazuhiro0214:20191102113849p:plain

ぼくは語り手ですが、このせんぱいはマスコット人形なので顔がちゃんと作ってありますね。


なんか全身植毛だとか言うのがとてもめんどくさいそうです。いっぽんいっぽんと言うわけではありませんが、ひとかたまり5mmくらいずつ植えてゆくのがとても大変そうですね。老眼に拍車がかからなければいいのですが(わらい)。

 

f:id:kazuhiro0214:20191102114110p:plain

へそてんビューですよ。


おなかまわりの植毛は、座りが悪くなるのでやっていないそうです。今度はおなかがふさふさなしゃちほこせんぱいも作って欲しい所ですね。めんどくさいからやらないそうですが。

 

f:id:kazuhiro0214:20191102114145p:plain

ポーズはしゃかしゃか棒であそんでいるところだそうですよ。


おうちにはしゃかしゃか棒が十数本あるようです。どんだけ買ってるんですかというはなしですが。こんどは手作りで作ろうなどとうそぶいていますけど。川釣りのけばりじゃないんですから。

 

f:id:kazuhiro0214:20191102114209p:plain

せんぱいせんぱい。どうですかどうですか。

いい感じにしあがりましたよ。

 

 

おまけ 本日の猫草

f:id:kazuhiro0214:20191102114441p:plain

せんぱいがかくにんしております。

いちばんながいのは、5cmになってるそうですが。せんぱいはまだまた食べる気はないようですよ。

 

フェルト にっかぽっか

f:id:kazuhiro0214:20191014115832p:plain

久々のフェルト手芸です。まあ仕掛りの未完成なのはたくさんあるんですけど。今回は、O次郎の足に付いているような、ニッカポッカをあしらった猫足アクセサリーです。

足だけ作ってどーするん?
ときびしい突っ込みが寄せられるかも知れませんが。じつはこの猫足、こうゆう風に使うのです。

 

f:id:kazuhiro0214:20191014115903p:plain

えいっ。

ラグビーW杯で日本代表。初のベスト8進出おめでとうございます。


とゆう感じです。足の根元に強力ネオジウム磁石が仕込んであります。
金物にひっ付けられる、もふもふの猫足でございました。

 

 

f:id:kazuhiro0214:20191014120018p:plain

せんぱいせんぱい。見ましたか昨日の試合。

まさにまれにみる死闘ですよ。ほんとに素晴らしい試合でした。
のこりの20分がこんなに長いとは思わなかったですよ。


ちょっと聞いてますかせんぱい。

まるでオールブラックスのようなオフロード連発。
いいですかいいですかせんぱい。最初から説明しますとね。

 

f:id:kazuhiro0214:20191014120054p:plain

わきゃー

 

 

f:id:kazuhiro0214:20191014120125p:plain

がんばれ日本代表!